ハルのソシャゲ日和

適当に思ったことを書く為に産まれたブログ

FGO 1000万DL記念で配布される星4サーヴァントについて【ランサー編】

この間の続き

久しぶりになってしまった。。。
ランサー編は書きたいことが多すぎてダメ。

 

早速いきます。

 

ランサー編
オルタランサー
言わずと知れた乳。俺は使ってないし育ててないのだが。次。

 


extra時空ヴラド
俺はこの人の信念嫌いじゃ無い。次。

 


エリザベート
地味に宝具強化来てない初期鯖クラスタの一員。かわいい。
スキル強化で竜の魔女系バフを獲得したおかげでバッファー兼ATAカッターの地位を築いたドラ娘である。
そもそも竜の魔女系スキルとは何かと言う話だが、ジャンヌオルタが持つカリスマA相当+特定属性に更にカリスマA相当を重ねがけするという破格のスキルである。
エリザが持つのは「自分を除く味方女性サーヴァント」の追加強化。
では、具体的にこの手のスキルが如何に強いかっていう話になるのだが、カリスマA相当と言えばスキルLv10でAtk+20%の効果になる。
それを重ねがけするのだから効果量は40%となる、これは孔明のスキルより10%程高い数値となっている。
エリザの場合これに拷問技術も引っ付いてくるので合計で言えば60%のAtkバフを一人で賄える事になる。
数値的には所謂W孔明孔明が宝具打たない場合と同じバフ数値と言えばわかりやすいか。あっちにはダメージプラスもついては居るが。
まぁ拷問技術は敵単体へのデバフなので、実際は対魔力で防がれたり全体宝具への貢献度は薄かったりするのはご愛嬌である。

では、何故お前はエリザをそんなに持ち上げるんや?と言う話になるが、ざっくり言えばエリザが「全体宝具を持ったバッファー」という点に尽きるのだ。
3Tで〆る事に快楽を見出した我々は宝具レベルは勿論の事、如何にバフを重ねて火力を高めるか?というところにも着眼点を設けた訳なのだ。
とどのつまり、3Tで終わらせる必要がある以上、宝具で攻撃出来ない鯖は中々積みにくく、且つ味方全体を強化出来ない鯖は使い辛いという話になる。
自己完結系のとんでも火力鯖(特定の特攻系とか色々)以外をラストに据える場合、必要不可欠な要素ということだ。
メインに自己バフモリモリサーヴァント使えばええやん?っていうご意見はごもっとなのだが好きなサーヴァントを使いたい一派なのでそうは行かないことがままある。
そういった時にバッファー兼2wave殲滅アタッカーとしてエリザが採用されるという事だ。
しかし宝具1では火力不足なので是非宝具5を目指して欲しい鯖である。(結局そうなる)

余談になるが霊衣開放で良いので、EXTELLAの衣装を下さい。良いか?ディライト頼んだぞ安生。
縞パン最高!

 


フィン
鮭。

 


書文先生
実は一時期単体槍メイン火力として採用していた時期あるので敢えて語ろう。
三蔵ちゃんを狙ってガチャ回してたら宝具4になった書文先生は並み居る宝具1の☆5鯖より火力が出る。☆4鯖の利点の内の一つだが、宝具レベルは裏切らないというヤツだ。
当時、当カルデアにスカサハとか槍玉藻が居なかったと言うのもあるが。

書文先生の持ち味は何と言っても完成された自己バフ群に尽きる。Aバフは勿論のことクリバフも持っている為、宝具AAでチェイン出来たときの心地よさたるや。
と、そんなわけで後に槍清姫を引いた俺は書文先生の使用頻度が落ちたという悲しい話でした。すまん。
『神鎗と謳われたこの槍に一切の矛盾無し!』

交換対象というくくりであれば、悪特攻のヴラドがライバルだが、それと比べても見劣りすることのない火力を持っているのは確かなので、単体宝具槍何も持ってないって方は普通に選択肢になるので、心の片隅にでも留めておいていただければ。

 


メドゥーサ・ランサー
穴、もといアナ。7章で心奪われたマスターは数知れず。
当時、早速引いた槍メド子を最終させるためには7章クリア必須という中々凝った演出を食らったサーヴァント。

ただただ可愛い、宝具5にした。聖杯も使った。Lv90だが。可愛い、ひたすらに可愛い。

良いか、可愛い。可愛いんだ。

そう、可愛い。どの辺が可愛いって全部。

新規マスター諸君は7章を読むのだ。

 


それだけ。

 


と、言うわけでランサー編、最後が言いたかっただけ感は否めないが。

因みに、全体宝具の火力担当という意味では、ジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィがオススメよ。