しのぶのソシャゲ日和

適当に思ったことを書く為に産まれたブログ。Twitterの名前を採用。

アズールレーンのレビューその1

ドロワーズ!(挨拶)

 

今日はアズールレーン(以下アズレン)を数日遊んでみた感想的なのを。

 

キャラデザインは艦これのパクリだけどゲーム内容は全然そんなことなかったです。

ざっくり言うとシューティングゲームの要素を含んだSRPG風味で、シューティング部分は東方程の難易度ではなく緩め、更には被弾しても個別で回避判定のある感じになってる。
f:id:hal508986:20170930095047j:image

 

砲撃はよくあるSTGと似てて、武器ごとに決まった間隔、決まった回数を、決まった方角に撃つタイプ。
f:id:hal508986:20170930095358j:image

武器は艦種毎に搭載できる種類が決まっている。

 

シューティング部分にはオート操縦が有るには有るが、適当に動いて砲撃するだけなので、敵魚雷等に突っ込むなどをよくやらかすようだ。

基本的にはレベルを上げて耐久火力を増やして殴る方針が如何にもRPGである。

 

パーティ編成は6艦を艦隊とし、前衛と後衛で三艦ずつとする。前衛に置ける艦と後衛に置ける艦種が決まっており、駆逐艦のみの艦隊等は作れない。残念無念。

 

前衛に置ける艦種は駆逐軽巡重巡、後衛は空母、戦艦。旗艦は後衛が担当する。
f:id:hal508986:20170930101855j:image

 画像は当方の第二艦隊。

 

以下、に各艦種について少し述べる。

耐久が低く火力が低い駆逐艦は魚雷火力と機動力が極端に高く、回避率もトップ。高レベルになると『当たらなければ、どうということは無い』を体現してくれるらしい。

大体のゲームだと高火力高耐久に偏りがちだがどうやらこのゲーム、駆逐艦も育てれば使えるレベルのようだ。autoでも敵攻撃を避けまくるキャラも存在する様で愛さえあれば使える点は評価したいところ。

 

 

軽巡は対空火器に優れており魚雷が扱えて高機動、耐久は薄いといった特徴があり、所謂水雷戦隊を組めば敵艦載機を落としつつ高機動を活かして立ち回れるとか。autoだとあまりスポットを浴びない艦種。

 

重巡は前衛トップの火力を持ち速度はワースト。耐久は並以上だが回避を殆ど行わないので敵魚雷に突っ込むと結構痛い。

auto力が高い艦種。要は沈まなければ良い。

 

花形の戦艦は後衛勤務とあってあまり活躍してないように見えるが、固定砲台としては最高火力。

耐久もトップなので旗艦に最適。

あ、ちなみにこのゲーム旗艦が落とされたら即時撤退するので。

 

空母、このゲームでは軽空母と空母の二種が存在する。

艦これで言う正規空母が空母に該当する模様。

チャージ攻撃で強力な爆撃機を飛ばすのだが、このチャージ攻撃は任意発動の攻撃になり、東方で言うところのボムと同じ扱いになる。 

つまるところ空母を入れておくとピンチの局面で敵の弾幕を消せる。つよい。

ちなみに艦載機による攻撃も他の砲撃と同様で等間隔に行われる。それとは別にボムがあると言う感じ。

 

さて、次はSRPG部分の説明。
f:id:hal508986:20170930102612j:image

所謂シンボルエンカウントになっている。

敵艦隊を一つ落とすと索敵を行い、どんどん現れる敵艦隊を落として落として敵中枢を叩けば勝利と言う感じ。

ちなみに弾薬マークの横に数字が書いてあるがコレが無くなったら攻撃出来ないと言うわけではない。(攻撃力は半減するが)

 

任意で撤退もでき、撤退しても経験値無くなるとかそういうマゾい仕様はない。あと轟沈も無い。

途中で力尽きても、そこまで戦った経験値は残るのでガンガンいこうぜ

 

 

大凡ここまで戦闘面についてだけ述べたので一旦〆。次回でシステム面について触れることにします。